商品企画のしごとが好き

CRAFTWORK Inc.の商品企画プロデューサーは考えた!

MacBook

KEIAN / KRATOR / 21U12-WHってさ

===商品企画・販売企画で成功に導く商品プロデュースを目指す有限会社クラフトワークのプロデューサー物欲ブログ===
CRAFTWORK Inc.


うひょ

01















ケイアンのクレーターというスピーカーシステムです。

カタチが斬新で白いユニボディーのMacBookや白いiMacに似合いそうなのでカタチとお値段で衝動買いしてしまいました。


amazon.comから・・・


02
















ドーン


大きな箱が届きました。

パッケージはどっかの星の凸凹としたイメージなんでしょうか?

パッケージを開けてみますと・・・


03















両観音開きで再びクレーター登場!


臨場感を作りますね♪

そして観音開けてみますと・・・


04
















無造作に石ころが転がってます。
汚い梱包にも注目です!


クレーターよりも隕石の方がネームとしては正しいのでは(笑)。

パッケージ内容は・・・


05















石ころが3つに、くちゃくちゃになっている書類と破れている保証書です。

無理矢理書類を入れちゃったんですね〜


まあまあ、それはそれで置いておきまして、早速、白いユニボディーのMacBookに接続してみますと・・・


06












こ〜んな感じになりますが・・・

後ろは・・・ 


07













たいへ〜ん!
 

白いコードがフニャフニャとくねって目立つので、ぐちゃぐちゃ感特盛りです。

しかし・・・

こ〜んなに・・・


08 















長〜〜い

コードが必要なんでしょうか!?

USBでコードスッキリってどっかに書いてあったような気がしますが・・・


う〜ん


ユニボディーの白いMacBookに着せ替えケース

===商品企画・販売企画で成功に導く商品プロデュースを目指す有限会社クラフトワークのプロデューサー物欲ブログ===
CRAFTWORK Inc.


真っ白!

01

ユニボディーの白いMacBookにspeckのSeeTru Clearを着けてみました。

いえいえ真っ白は・・・

snow

外の景色です。

初雪ですね♪

これだけ積もると明日はちょっと大変そ〜


さて、昨年末に白いユニボディーのMacBookにspeck社のハードケースでブラックを購入したばかりですが・・・

03

 追加でクリアーを揃えました。

何で直ぐさまクリアなのかと言えば・・・


「そこにMacBookがあったからです」


うん!


どっかで聞いたような台詞を言ってみたものの、あまりしっくり来ませんね。


「そこに更なる物欲が生まれたのです」


うん!


しっくりと来ます。

ハードケースはお安いので、どんな風になるのかなという好奇心です。

パッケージを見てみますと・・・

04

ケースとクリーニングクロスのみのシンプルな構成です。

ただしクリアケースはブラックが裸でパッケージに収まっていたのに対して、シュリンクできっちりと包まれていました。

傷つき防止ですね。


装着は簡単です。

まずは・・・


05

付属のクリーニングクロスで本体のホコリを取り除きます。

スケスケなのでゴミが入っていたら丸見えです。

そしてMacBookをケースの上に乗せますと・・・


06

カチッっとツメがかかります。

クリアなので見栄えがあまり変わらないかなと思いましたが・・・


07

クリアケースの厚みでMacBookの高級感がアップして見えます♪

ケースが・・・


08

無いのと・・・


01

有るのとではピカピカ感に差が出ますね♪

ケース装着後の側面を見てみますと・・・


09

MacBookが透明なカプセルに収まった感じでいてポート類の使い勝手は以前のままでです。

2013年の白いユニボディーのMacBookはこの仕様で決まりですね。


10

壁紙もリブちゃんに変更♪

ユニボディーの白いMacBookを黒にチェンジ

===商品企画・販売企画で成功に導く商品プロデュースを目指す有限会社クラフトワークのプロデューサー物欲ブログ===
CRAFTWORK Inc.


お〜お〜

01

ユニボディーの白いMacBookがガラリと変わってしまいました。

02

speckのSeeThru SATINのブラックを装着です。

MacBookを購入したからには一度コレをやってみたかったんですね♪

さて、speckのSeeThru SATINのパッケージ内容は・・・


03

マットな感じのポリカーボネートの上下ケースと・・・


 04

クリーニングクロスというシンプルな構成です。

speckのSeeThru SATINの装着は簡単で・・・

05

MacBookをspeckのSeeThru SATINに押し込む感じでツメロックされます。
パワーサポートの黒いキーボードカバーPKC-52とセットで使うと・・・


06

なかなかの見栄えです。

speckのSeeThru SATINの発想はおなじみのiPhoneのハードケースから来ているのではと思いますが・・・


07

各ポート類の操作性を損なわないようにデザインされています。

しかし蓋を閉じて電源OFFの状態はシースルーで浮かび上がるAppleロゴが消灯して・・・

08
 


ただの黒い箱になります(苦)。



げげげ!


POWER SUPPORT PKC-52ってさ

===商品企画・販売企画で成功に導く商品プロデュースを目指す有限会社クラフトワークのプロデューサー物欲ブログ===
CRAFTWORK Inc.



ヒューーー

12

おっされ〜

13

POWER SUPPORTのキーボードカバーPKC-52です。
MacBookの印象がガラリと変わります。
のわんと、このキーボードカバーは・・・

14

MacBookのKeyと同じ文字が印刷されています。
今までの半透明で使い込むと文字が見えなくなってしまうアレとは別物ですね♪
その上、MacBookにピタリと貼りつくように・・・

15

素材選びと緻密な計算でデザインされているようです。

<装着前>

16

<装着後>

17

まるでキーボードカバーが着いているとは思えませんね♪

おっされ〜♪

ユニボディーの白いMacBookってさ

===商品企画・販売企画で成功に導く商品プロデュースを目指す有限会社クラフトワークのプロデューサー物欲ブログ===
CRAFTWORK Inc.



むふっ

01

ユニボディーの白いMacBook Intel Core 2 Duo 2.26GHzでさ〜
お久しぶりにMacのお話ってことでさ〜

MacBookはさりげなくAppleのラインナップからはずされてしまった機種です。
ということで、アップル整備品でありながら、さらにそれの中古品というMacBookを購入しました。
今やAppleのノートは銀色しかありません。

MacBook ProとAirだけで見た目がとてもつまらないんでさ〜
そうなると白いノートが恋しくなるのが人の常ってもんでさ〜

さて、パッケージを見てみますと・・・

02

さすが整備品です。
印刷がない白箱に型番のシールのみです。
そしてその中身は・・・

03

ちゃ〜んとApple伝統のアクセサリーBoxが入っています。
初代iBookを思い出しました〜
アクセサリーBoxには・・・

06

電源アダプタと延長ケーブルに・・・

07

コンパクトな2つの書類っぽいものがあります。
左側はハードケースになっていて・・・

08

書類、インストールDVD、Appleシールが入っています。
整備品といえどもこういう演出がさすがAppleですね♪
そして整備品の証・・・

05

はじめて見ましたがこういう書類なのですね。
主力のデスクトップ機がPowerMac 1GHz Dualで、
未だにPowerPCメインの

我が家でさ〜
そこに革命的でさ〜
今的でさ〜

やっとこさ的な

Intel入ってるんでさ〜♪
ギャラリー
  • 電子ブレーカー「でんすけ」の工事風景!
  • 電子ブレーカー「でんすけ」の工事風景!
  • 電子ブレーカー「でんすけ」の工事風景!
  • 電子ブレーカー「でんすけ」の工事風景!
  • 電子ブレーカー「でんすけ」の工事風景!
  • 電子ブレーカー「でんすけ」の工事風景!
  • 電子ブレーカー「でんすけ」の工事風景!
  • 電子ブレーカー「でんすけ」の工事風景!
  • 電子ブレーカー「でんすけ」の工事風景!