商品企画のしごとが好き

CRAFTWORK Inc.の商品企画プロデューサーは考えた!

2012年03月

続々・Firenze Q.coってさ

===商品企画・販売企画で成功に導く商品プロデュースを目指す有限会社クラフトワークのプロデューサー物欲ブログ===
CRAFTWORK Inc.



あ〜

またやってしまいました。

01

Firenze Q.co/フレンツェF0950235です。
どうやら機械式時計のおもしろさとエコに惹かれてしまったようです。
フレンツェは色違いのもうひとつのフレンツェがあって、どうても欲しくなっちゃいました。
取り出して眺めてみますと・・・

02

ふぉーーー

超しぶちん♪
色違いだけなのですがまったく個性が違うところがズルいです。
これでは2つ揃えなさいねと言われているようなものです。
タグを見てみますと・・・

03

ロゴの裏に・・・

04

ふぉーーー

超高級品♪
誇らしげに

¥98,000(税込価格)

と印刷されています。
さて、今回は、前回憶えた時計のバンド調整をしっかりと説明しますね。
まずは、ステンレスバンドの内側を見てみますと・・・

05

矢印が書かれています。
矢印の書かれているコマはすべてはずすことができるので、これでお好みのバンドサイズにします。
時計をバンド調整工具にのせますが・・・

06

矢印がついているピン穴の方からピンを押すようにセットします。
一気にやってしまいますとピン穴がズレてしまった場合に工具のピンが折れてしまいそうなので・・・

07

ちょっとだけ押し出してみます。
ピン先が飛び出したら・・・

08

一気に押し出します。
ただし、全部は押し出してくれないので・・・

09

押し出し用の工具で・・・

10

さらにピンを押し出します。
するとかなり飛びしますので・・・

11

後はペンチで引き抜きます。
今回もコマを二つはずしたいのですが・・・

12

今度のピンは異常に固く入っていて押しだし用の工具を突っ込んだだけでは抜けません。
さて、どうしたものか・・・

13

バンドを固定する台が利用できそうです。
押し出しようの工具をトンカチでたたくと・・・

14

良い手応えです。
グイグイとピンを押し出せます。
バンドを固定する台には・・・

15

穴が空いていてピンがうまく抜けるようにできています。
良く考えられた工具ですね♪
ということで・・・

16

何とか2本のピンを抜くことができました。
さて、組み立てです。
矢印が下にくるように時計をセットして・・・

17

トンカチの金属面の方で・・・

18

ピンをたたきます。
ピンがある程度たたき込まれてバンド近くになったら・・・

19

今度はトンカチのプラスチック面の方でたたきます。
バンドを傷つけないようにする配慮ですね。
最後にピンのでっぱりがギリギリすぎたので・・・

20

ピンの押し出し用の工具を使ってちょっとだけトンカチで打ち直してみました。
さて、これで・・・

21

完成です。
二つのフレンツェを並べてみますと・・・

22

ん〜

ほれぼれです♪

続・Firenze Q.coってさ

===商品企画・販売企画で成功に導く商品プロデュースを目指す有限会社クラフトワークのプロデューサー物欲ブログ===
CRAFTWORK Inc.



えええ〜

こんなもんですか〜

08

「腕時計工具20点セット(バンド調整 電池交換)」を購入しました。
木製ケースで高級感たっぷりだと思っていましたが・・・

09

建て付けの悪いかなりチープなケースです。
おまけに簡易説明書付きと書かれていましたが・・・

11

こーれでーすかー!

と言いたくなる書類です。

あ〜騙された〜
あ〜情けな〜
あ〜イヤだイヤだ〜

と駄々をこねたくなります。
こうなるとあまり期待はできませんが、とりあえず中身を確認してみますと・・・

10

あ〜、やっぱりというレベルのものがズラリ16点ならんでいるようです。

ん?

たしか20点って書いてありましたよね?

う〜ん?

よく見ると電池が4つ穴の奥に埋まっていました。
なんと電池も合わせての20点だったのです。
これって「16点+電池4個付」と書くべきすよね。
あ〜あ さて、気を取り直して使ってみましょう。
何に使うのかといいますと・・・

12

実はFirenze Q.co/フレンツェF0950234はステンレスバンドなのでバンド調整が必要です。
まずはやってみましょう。
バンドをとめているピンは青い工具ではずすようです。
くるくると持ち手を回すと・・・

13

ピンを押し出してくれました。
結構固くて工具が壊れるかと思いましたが・・・

14

無事にはずせました。
かなり太いピンが入っていたのですね。
いらないコマをはずしたら・・・

15

四角い台座を使ってトンカチでコツコツ・・・

16

無事に完成できましたね♪
安っぽい工具ですが結構使えました。
さすがamazon.comのおすすめの「腕時計工具20点セット(バンド調整 電池交換)」です。

大成功♪

Firenze Q.coってさ

===商品企画・販売企画で成功に導く商品プロデュースを目指す有限会社クラフトワークのプロデューサー物欲ブログ===
CRAFTWORK Inc.



まーー

ごっついですね〜

01

Firenze Q.co/フレンツェF0950234です。
初の機械式時計をゲットしました。
厚めのケースがレトロな感じで良い味を出していすね。
さて、パッケージを見てみますと・・・

02

ふぉーーー

超しぶちん♪
黒い包装に木目のケースです。
黒い包装をはずしてみますと・・・

03

ふぉーーー

超しぶちん♪
木目の印刷が施されていて金文字でロゴが入っています。
ちなみにこの「ふぉー」というかけ声は・・・

shara04

テニスプレーヤーのマリア・シャラポアがボールを打つときのかけ声のマネです。
美人なだけにカメラでエロく抜かやすいのですが・・・

shara05

きちんと撮影した方が色っぽいようです。
ケースを開けてみますと・・・

04

ふぉーーー

超しぶちん♪
キチンとセットされていますね。
スワロフスキーのカードなども入っていて本物をアピールしています。
取り出して眺めてみますと・・・

05

ふぉーーー

超しぶちん♪
久々に安心できるパッケージ内容です。
タグは・・・

06

小さめのペラものですが・・・

07

¥98,000円(税込み)

としっかり印刷されています。
あれれれ??
これって超高級品だったのですね(汗)。

ふぉーーーー

もうひとつのBROOKIANAってさ

===商品企画・販売企画で成功に導く商品プロデュースを目指す有限会社クラフトワークのプロデューサー物欲ブログ===
CRAFTWORK Inc.



オーーー

マイ ガッ!

01

BROOKIANA BA1662-IPBKBLです。
しかしいけません・・・
完全に衝動買いをやってしまいました。
なんと黒のステンレスバンドタイプに誘われてしまいました。
さて、パッケージは・・・
BA1662Lと同じなので省略っていうことで・・・
化粧箱をあけてみると・・・

02

ふぉーーー

超かっくうぃー♪
なんとも言えませんね〜
締まった感じがとてもいいです。
ちなみにこの「ふぉー」というかけ声は・・・

Maria_Sharapova01

テニスプレーヤーのマリア・シャラポアがボールを打つときのかけ声のマネです。
この「ふぉー」といううなり声は100デシベルを越えて地下鉄の騒音に匹敵するそうです。
なんともものすごい迫力ですが・・・

Maria_Sharapova02

おしとやかな猫かむりも得意です。
さすが一流ですね。
でもタグホイヤーではなくてBROOKIANAがお似合いですよ。
シンプルなパッケージ内容は・・・

03

ふぉーーー

超あやすぃ〜♪
BA1662とまったく同じチュウコクモノの臭いがプンプンあるよ。
おまけにタグは・・・

04

ふぉーーー

超あやすぃ〜♪
BA1662とまったく同じ

189,000(税込)

です。
そういえば円とも¥ともついていませんね。
逃げ道でゲスか??
おやっ・・・

05

まずいことに気づきました。
こやつはステンレスバンドなのでバンドのサイズ調整が必要です。
ビックカメラやヨドバシに持ち込むと525円(税込)のバンド調整手数料がかかってしまいます。

06

ふぉーーー

超ラッキー♪
こやつは眼鏡用のマイナスドライバで調節ができるようになっているようですね。

やってみますか!?
って?
およよ?

07

ふぉーーー

超かんたん!
できちゃいました いや〜こんなものでしたか〜 ビックカメラでは、いかにも、やってますよ、傷一つつけませんよ的な感じで白衣を着た人が修理に臨んでいるので敷居がたかかったのですが・・・
このネジ仕様はありがたいですね♪
しかしBLACKのBR00KIANAって・・・

ふぉーーーーーーーー!
ギャラリー
  • 電子ブレーカー「でんすけ」の工事風景!
  • 電子ブレーカー「でんすけ」の工事風景!
  • 電子ブレーカー「でんすけ」の工事風景!
  • 電子ブレーカー「でんすけ」の工事風景!
  • 電子ブレーカー「でんすけ」の工事風景!
  • 電子ブレーカー「でんすけ」の工事風景!
  • 電子ブレーカー「でんすけ」の工事風景!
  • 電子ブレーカー「でんすけ」の工事風景!
  • 電子ブレーカー「でんすけ」の工事風景!